ハイイロジェントルダイナソーロックバンド ハイイロジェントルダイナソーのブログです

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ミラクルガラパゴストリップ、出発まであと少し! 00:04
0
     ハロー、ハロー!
    こちらハイくんです。

    寒くなってきたね〜
    ぶるぶる。。。
    みんな元気かな?
    ぼくは、最近マフラーをしているよ!
    はだかだけど、マフラーはする
    首はあっためたほうがいいんだって!
    ぼくはみんなより首が長いからね
    首のどのへんをあっためるのが一番いいのかも知りたいけど

    さてさて、
    いよいよぼくらハイイロジェントルダイナソーの冬の自主企画イベント、
    「ミラクルガラパゴストリップvol.3」の開催が近づいてきたよ〜
    12月12日(木)は、みんな下北沢251に集合してね!

    さあ、ここからはみかちゃんにバトンタッチ!
    「ミラクルガラパゴストリップvol.3」に出演してくれるかっこいいバンドたちを
    紹介するよ〜
    みかちゃん、ゴー!ゴー!

    ハロー、こちらベースのみかです。
    というわけで、出演バンドについて、これまたわたしの独断と偏見でご紹介させていただきますね!

    1番手19:00〜登場!
    ジェニファー
    ジェニファーの曲を聴いていると、いつもムズムズする。
    わたしが彼らを単語で表現するなら、「夏」と「田舎道」かなあ。
    テーマに「夏」をかかげるアーティストはいっぱいいるけど、
    ジェニファーの夏はビーチとか水着とかそういう色香とは程遠いもの。
    ボーカルの千尋くんが、わたしと同じ東北出身っていうのもあるかもしれないけど、
    決してオシャレとは言えない、白と濃紺と黒で完結する制服姿で、
    汗ばんだ腕が触れることのない距離で、
    草いきれの中を黙々と、好きな人と歩いているような光景を思い出す。
    もくもくと大きな夏の雲がせまる中を
    自転車を並べてどこまでもこいだなとか、
    そのときのにおいや風がふと感じられて、
    ムズムズしてしまう。
    とにかくジェニファーには、甘酸っぱい恋の歌がいっぱいです。
    ”甘酸っぱい恋の歌”なんて、わたしはほんとは苦手だけど、
    なぜかそれがジェニファーの演奏にのると心地よいから不思議。
    一発目から、盛り上がってまいりましょう!


    2番手19:40〜
    PARANOID BOX
    「音景」というイベントで出会ったPARANOID BOX。
    今回、唯一のインストバンド。
    パラノイドの音楽は歌詞なんかなくても雄弁で、
    さまざまな風景を想起させられた。
    3ピースでありながら、ミュウくんがドラムとピアノを兼任することもあって、
    その世界観はとても大きくて豊か。
    はじめてライブを見たときは衝撃を受けた。
    上半身ハダカで激しくドラムをたたきまくってた人が、
    いきなりふらふら立ち上がって鍵盤の前へ行き、
    繊細な調べを弾きだしたから。
    その後、CDがほしくなって物販に行ったら、
    愛想のよい、話しやすい男の子がいる。
    彼がミュウくんだと気づくまでに、相当時間がかかった。
    ステージとのギャップがありすぎ。笑
    特に好きなのが、「君と旅行鞄」って曲。
    やってくれるかな?
    今回は、前回の「ミラクルガラパゴストリップ」で総合VJを務めてくださった
    Boriさんがパラノイドとコラボしてくれます。
    楽しみだな〜。

    3番手20:20〜
    coinbird
    dodoというユニットやソロでも弾き語りで活躍するアーティストうちだあやこちゃんに出会ったのは一年ちょっと前。
    彼女の繊細だけどよく透る、うっとりするような歌声に聴きほれて
    何度かライブに足を運ぶうちに知ったのがcoinbirdの存在。
    あやちゃんがボーカルギターを務めるこのバンドの曲調や
    演奏中のメンバーの雰囲気は、
    どこかおとぎ話みたいで、すごく好き。
    ふわふわ。
    ゆらゆら。
    水面に差す日光を思い出す。
    そして、なぜか宮沢賢治先生の「やまなし」を思い出す。
    (これはかなり個人的な感想だと思うけど。笑)
    一度聴いたら、みんな好きになると思う。
    ぜひ、体感してください。

    4番手21:00〜
    双六亭
    双六亭はわたしにとって、音楽の神様たちが雲の上でたわむれている姿。
    何の気負いも迷いもなく、言葉が、思いが、ありのまま音楽になって出てくる。
    そんなふうに見える。
    音楽歴も長く、腕に覚えありの面々ばかり。
    だれが聴いてもかっこいい音楽を鳴らしてくれる。
    どんなジャンルが好きな人と行っても、
    双六亭のライブの後は、みんなが口をそろえて「かっこよかった〜!」と
    ため息をつく。
    そんなバンドです。
    初めての方は、一度聴いたら虜になること間違いなし。
    今まで知らなかったことをもったいないと後悔するはず。
    これ以上、何も言いません!
    その目でしかと目撃してください。

    5番手21:40〜
    ハイイロジェントルダイナソー
    今年はドラムのなりさんの体調不良により数か月活動休止したものの、
    夏に活動を再開することができ、初めての夏の自主企画「夏が残した最後の夜」もおかげさまで大盛況のうちに終えることができました。
    レコーディングを経て、さらに団結力も深まったかな。
    今回はこれまでにないセットリストに挑戦!
    ぜひ遊びにきてください!


    というわけで、ぼくらふくむ全4バンドの紹介をさせてもらいましたが。。。
    実は、ツイッターではすでに公表しているとおり、
    OAとしてあるバンドの出演が決まりました!
    その名も「ニルス」!!!
    これは、前述のcoinbirdよりギターボーカルうちだあやこ、双六亭よりドラムボーカル中原由貴、そしてわたくしハイイロジェントルダイナソーよりベースの高橋みかの三人でお送りするこの日初お披露目のギャル?バンドです!
    この日が最初で最後となるかもしれないので、必見ですよ!
    この日にやる曲のうち、二曲はすでに双六亭のラジオ(第44回目の放送)で公開されています。
    くわしくは、こちらをチェック!
    http://sgorock.seesaa.net/article/380633416.html


    そして、そして
    昨年に引き続き、おいしい唐揚げとナムルを提供してくれるのは、
    前の記事でも紹介させていただいたカラアゲニストきしぱん!
    今年もおいしい唐揚げをたっぷりと用意してきてくれるので、
    ビール片手に唐揚げを食べつつ、
    みんなちがってみんないい音楽を心ゆくまで楽しんでください!


    長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。
    さあ、12月12日はこれらの素敵な面々とともに、
    音楽の島をめぐる旅へ出かけましょう〜♪

    ぼくも待ってるね〜♪(ハイくんより)

    | ハイイロジェントルダイナソー | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たかはし - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.haiirogentledinosaur.com/trackback/209
    << NEW | TOP | OLD>>