ハイイロジェントルダイナソーロックバンド ハイイロジェントルダイナソーのブログです

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
節分といえば、おにたのぼうし 16:07
0
     
    ハロー、ハロー!
    こちらベースのみかです。

    最近、日中はだいぶあったかくなってきましたね。

    大寒を過ぎてから、日ごとに春の匂いを強く感じるようになった気がします。

    春の匂いって、具体的には説明できないんだけど、
    春にまつわる記憶の断片と、それを想起させる匂いっていうか。。。

    逆かな?
    匂いから記憶が想起させられるのかも。。。

    それはさておき、
    今日は節分ですね!

    去年はスタジオリハの日で、メンバーとハイくんで豆まきをしました。
    ブログにもアップしたはず。
    昨年の2月8日の記事です。↓
    http://blog.haiirogentledinosaur.com/?page=2

    節分といえば、鬼!
    鬼って、実際会ったらこわいにちがいないんだろうけど、
    鬼のパンツとか、
    鬼のタンゴとか、
    なんかちょっとユーモラスで、憎めない存在として扱われているときもある。

    敬愛する浜田廣介先生の「泣いた赤鬼」は、知っている方も多いと思うけど、
    切ないですよね。。。

    そして、節分の鬼の話といえば、
    これまた敬愛するあまんきみこ先生作、いわさきちひろ先生絵による、
    「おにたのぼうし」


    これはポプラ社さんから出ている絵本です。
    画像はアマゾンさんから拝借しました。

    節分の夜、どこの家からも聞こえる豆まきの音。
    追い出され、いくところのない鬼の子、おにた。
    そんな仕打ちをうけながらも、おにたは病気のお母さんと住んでいる
    人間の女の子を助けてあげようとする。

    わたしは、日本の児童文学のこういうところが好き。

    鬼=悪者とし、
    悪者は徹底的にコテンパンにする!という、勧善懲悪ではなくて、
    悪者とされているものが抱える悲哀、優しさを描くところ。

    正義の味方にも、ずるいところや情けないところがあるように、
    悪者と思われている者たちにも、良心や情けがあるとする見方。

    もちろん、許されない罪を犯す悪者をのさばらせているわけにはいかないけれど、
    「悪者と思われている者たち」が、いつも「悪者」とは限らない。

    悪魔超人間にも友情はあるのだ。


    「おにたのぼうし」を読むといつも、豆まきをするべきか否か悩む。
    そこで、
    「鬼は外、福は内」を
    「ほんとに悪い鬼は外、福は内」
    に変えたらいいかなとか思う。

    「おにたのぼうし」
    ぜひ、ご一読ください。




    ハイイロジェントルダイナソー
    ★★★ライブスケジュール★★★
    ●2014/02/11 (Tue.) 下北沢屋根裏
    ファンタスティックヤネウラvol.244
    OPEN/START 18:00/18:30
    ADV./DOOR 1,800YEN/2,000YEN

    w) ENOLAGAY, NOIZZ, the submariners, Har-c's, quRagerium


    ●2014/02/18 (Tue.) 新宿JAM
    セントラルビルの極みvol.7
    open18:00 / start18:30
    adv¥1800 / door¥2000

    w) サンドメン, rhythmi caloosers, ツキミタイヨウ, にんじん日和, ナリちゃん(アイリィジョー)
    +シークレットゲスト有り(2月15日解禁)


    ●2014/03/23 (Sun.) 下北沢屋根裏
    下北沢屋根裏企画
    詳細未定







    | ハイイロジェントルダイナソー | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ハイイロジェントルダイナソー - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.haiirogentledinosaur.com/trackback/214
    << NEW | TOP | OLD>>